訪問看護師って何をするの?訪問看護師の実際

訪問看護を行う病院はまだあまり増えていませんが、患者さんの退院後のフォローに力を入れている病院では、積極的に取り組んでいます。

多くの訪問看護師が働く訪問看護ステーションは、医療法人以外でも運営できる組織で全国に多くの事業所が存在しています。

訪問看護師は所属する訪問看護ステーションから、療養生活を送る利用者さんの自宅に訪問し、主治医の指示に基づいた看護や医療処置を行います。

利用者さんによって求められる仕事内容が異なるため、ある程度の経験や技術が必要となってきます。

訪問看護ステーションの利用者さんは主に、「要介護」を認められた人で、終末期看護・がん看護・精神科看護などの利用者さんが大半を占めています。

近年では、病院ではなく在宅で療養生活を送る方や自宅で最期を迎えたいと考える方が増えてきているため、訪問看護ステーションの数も全国的に増加傾向にあり、ますます需要が高まっています。

ここでは、訪問看護師の仕事内容やメリット、向いている人の特徴などについてご紹介します。

訪問看護師の仕事内容や役割

病院やクリニックに所属している訪問看護師はまだまだ少なく、多くは訪問看護ステーションに所属し、利用者さんが住む自宅に直接訪問し、主治医の指示に基づいた看護や医療処置を行います。

利用者さんの状態によって医療処置は異なりますが、バイタルサイン測定、インシュリン注射、点滴、服薬管理、血糖値測定、カテーテルの交換、褥瘡処置、嚥下訓練、生活指導、終末期の利用者さんの場合は、疼痛コントロールや緩和などの処置、家族に対する看護など幅広く多岐にわたります。

機能回復を目指す利用者さんは、入浴や外出訓練など利用者さんがより良い療養生活を送れるように食事や排泄などのサポートをするのも訪問看護師の仕事となります。

訪問看護師は、医師、介護士、薬剤師など多職種との連携が必要になる他、利用者さんのみではなく、家族も含めたメンタルサポートも不可欠なためコミュニケーション能力とともにある程度の経験や技術が必要となってきます。

訪問看護ステーションでの勤務は、一般的には夜勤業務はありませんが、24時間対応の場合はオンコール当番があります。

訪問看護師の1日のスケジュール例

08:30 出勤・利用者さんの情報共有・訪問の準備

訪問看護ステーションに出勤、スタッフ間で利用者さんの情報共有、訪問の準備

09:30 訪問看護開始(午前中は2件)

利用者さんの自宅へ訪問看護を実施、1件につき1時間程度を目安として訪問

12:00 昼食

昼食休憩1時間

13:00 訪問看護開始(午後は2~3件)

利用者さんの全身状態把握、看護ケアや医療処置、療養上の世話も実施

16:30 訪問看護ステーションに帰社・看護記録記載・報告書作成

訪問した利用者さんの看護記録記載、主治医やケアマネージャーへの報告書作成

17:00 申し送り・翌日のスケジュール確認や準備

スタッフ間で訪問した利用者さんの申し送りや情報共有、翌日のスケジュール確認や準備

17:30 退勤

訪問看護師として働く3つのメリット

夜勤がないのに高収入

訪問看護師として働く最大のメリットは、夜勤がなく昼間の仕事だけの割には高収入が得られる点でしょう。

訪問看護師が高収入である理由としては、訪問先で看護ケアから医療処置、療養上の世話など幅広い業務をすべて1人で責任を持って行わなければならないため、ある程度の経験や知識、医療技術が必要であり、負担が大きいためといわれています。

仕事と家族との時間やプライベートを両立しやすい

訪問看護師の仕事は、平日勤務が多く、土日は午前のみなど休みがはっきりしているため、家族との時間やプライベートと両立しやすい面もメリットといえるでしょう。

職場によっては、午前中のみの勤務や週3日のみ勤務など働き方を選択できる求人も多いのが特徴です。

産休や育休後に職場復帰をしたい看護師にとっては、パート感覚で働くことも可能でしょう。

ゆっくり利用者さんや家族と関わることができる

病院やクリニックで勤務する看護師は、多くの患者さんを対象とするため、1人1人の患者さんへ十分な時間をとって関わりたくても、なかなか時間を確保するのが難しいのが現状です。

訪問看護師は、1人ひとりの利用者さんと家族も含めて長い期間関わることになるので、深い信頼関係を築くことができます。

これは他では得難い訪問看護師ならではのやりがいとなるでしょう。

訪問看護師として働くデメリット

訪問看護師は、基本的に1人で利用者さんの自宅に訪問し、看護ケアや医療処置、療養上の世話までのすべての業務を1人でこなさなければなりません。

病院やクリニックのように他の看護師スタッフが同行しないため、相談できる先輩や同僚もいないため、大きな負担がかかることは否めません。

利用者さんや家族との相性が悪い場合は、仕事に影響を及ぼす可能性もあるでしょう。

訪問看護師に向いている人の特徴3

在宅看護やターミナル看護に興味がある人

訪問看護ステーションの利用者さんは主に、「要介護」を認められた人で、終末期看護・がん看護・精神科看護などの利用者さんが大半を占めています。

病院ではなく在宅で療養生活を送りたい人、自宅で最期を迎えたい人、持病がある人、痴呆症の症状が現れた人、大きな事故からの社会復帰を目指す人、など利用者さんはさまざまです。

住み慣れた家でより良い療養生活を送れるようにサポートする訪問看護師の需要はますます高まっています。

看護師臨床経験が最低3~5年あり、医師や多職種との連携にやりがいを感じられる人

訪問看護師として働くには、看護師としての臨床経験が最低3~5年必要となってきます。

利用者さんの自宅に1人で訪問し、医師の指示のもとに看護ケアや医療処置、療養上の世話までの幅広い業務をすべて1人でこなさなければなりません。

また、医師、介護士、薬剤師など多職種とさまざまな連携が必要になる他、利用者さんのみではなく、家族も含めたメンタルサポートも不可欠なためコミュニケーション能力とともにある程度の経験や技術が必要となってきます。

地域貢献・地域密着の看護を重視する人

住み慣れた家で療養生活を送り、社会復帰などを目指す人も多くいます。

リハビリや訓練のために近所を散歩するなど、長期にわたって利用者さんの自宅を訪問することになるため、自宅周辺の環境やご近所さんとの関係、馴染みのお店、交通情報なども把握することで、利用者さんがより良い療養生活を送れるようになるでしょう。

利用者さんの自宅地域の一員として地域の人々とも関わっていくことも大切となってきます。

まとめ

病院やクリニックで働く看護師は「大勢いる看護師の中の1人」と思われがちです。

看護師1人ひとりの個性はありますが、患者さん側から見るとそのようなイメージが強いでしょう。

それに対して、訪問看護師は利用者さんや家族にとって、決まった曜日や時間に訪問してくれる看護師として大きな存在となることは間違いありません。

1人ひとりと向き合い、深い関係を築ける訪問看護師は他では得難いやりがいがある仕事です。

看護師の仕事は、どんな職場でも高いコミュニケーション能力が必要ですが、訪問看護師は特に求められるでしょう。

多くの経験を積んだ看護師であっても、利用者さんはさまざまなため、完璧にこなすことは難しい仕事かもしれません。

それでも、相手に合わせる姿勢を忘れず、さまざまな症例を調べるなど向上心を持って働くことができる、そんな訪問看護師が今後はますます重宝されるでしょう。